詐欺の可能性99.9%?逆援助の真相

逆援助という言葉を知るきっかけはそれほどないように思われますが、その中でもまず圧倒的なのが怪しげなメールに書いてあった、というものです。
お金持ちで性的に飢えている女性にご奉仕してお金を稼ごう、的なふれこみなのでしょうが、100人の男性がいたとして1人引っかかるかどうかが前提のメール、というのが世間一般の認識であるように思われます。
実際、そう言った世間の感覚に何一つ間違いはなく、逆援助なんてものはまず間違いなく詐欺系のサイトに連れて行くための方便なので、要は振り込め詐欺クラスの成功率の中、行われている行為にしかすぎません。
逆援助のお姉さん
しかしこういったメール・電話系の詐欺グループにしてみれば数撃ちゃ当たるが大原則なので、適当なプログラムで1000通の詐欺メールを一気に送って、その中の一人から10万円取れれば十分な儲けが期待できます。
つまるところ詐欺のクオリティとしては1000人に1人が引っ掛かる程度のメールでも十分なわけで、そんな期待を込めて贈られたメールが、日夜貴方のもとに届くわけです。
決して引っかかった人を貶めるつもりは毛頭ありませんが、理屈として詐欺を働く側がそう言った理屈で動いている以上、1000人に1人の哀れな仔羊のために『あんなのは嘘ばっかりだよ!』と声高に叫んでも大して意味は無いでしょう。
正直言ってしまえば、犯罪学と言うよりも統計学の世界に近いような話です。
結婚詐欺師が言葉巧みにあらゆる女性を片っ端から騙していく、というのとはわけが違うので、一人の社会人として、また一人の男性として、つくづく引っかからないようにしたいものですね。

逆援助があり得ない理由と、それでも尚引っかかる理由

メールに引っかからない人の特徴として、逆援助と言うものがあり得ないという事が頭でわかっている、ということがあります。
その理由は実はとても単純で、それは『性的に飢えた女性がいるならホストクラブに行くか風俗に登録する、あるいは普通に彼氏で発散する』という理屈が世の中にはあるからです。
そして男側が逆援助という誘いに引っかかる理由は、批判を恐れず言えば『モテない』、『勘違いしている』、『世の中を甘く見ている』のいずれかです。
漫画か何かで、落書きなどのケチな犯罪をはたらく人間が仮に一千万円もっていたらそんなつまらないことはしない、という理論がありましたが、これはまさにその通りで、逆援助という言葉に魅力を感じている時点でその人にはお金に不足を感じており、正常な判断ができていないのです。
また、『逆援助で女性を満足させて稼ぎたい!』という思いがあったとしても、それもまた幻想である場合が多いのが現実です。
なぜならこれも先に挙げた一千万円の理屈と同じで、仮に肉体的に満足できるような彼女が要ればそんなことをする必要がないわけで、これもまた彼女がいないという現実から自分本来の性的なテクニックを見失ってしまっているのです。
そうでなくとも、そもそもの話として彼女を作るテクニックも無いのに風俗で満足させられるだけの技術があるのかと言えばその可能性はかなり低いですし、仮に本当にテクニックがあったとしてもやめておいた方が賢明でしょう。
繰り返すようですが、逆援助をするような女性がお金を持っていればホストやそれなりにちゃんとした相手を紹介される方法はいくらでもありますし、仮にお金がなくとも女性側が性行為を代償にお金を貰う事は男性が同じことをするのに比べればはるかに簡単です。
それほどまでに本来であれば有利な状況を捨ててまで、スパムメールで拾ってきた相手に性的な満足を求めることはまずないでしょう。
加えて、逆援助というのが風俗的なサービスである以上、そこでは相手の要求にはなるべく応えるのが義務となります。
人間だれしも性癖と言うのがあり、アダルトビデオ店に行けばわかるように、その好みは千差万別です。
中には心底理解できないものや、犯罪すれすれの物も多種あります。
しかし風俗である以上、その要求にはなるべく応えなければいけません。
極端な話、呼ばれて行ってみれば相手がムチと蝋燭を構えて待っている可能性もあるわけで、肉体的にも精神的にも、逆援助というのはかなりハードな仕事と言えるでしょう。
どう考えてもメール一通でやるかやらないかを決めるほど軽い仕事ではありません。

ちなみに、実際に逆援助のふれこみに引っかかって大金を取られてしまった例としては、サイトに登録させられて会費ばかり取られるとか、実際に仕事をしてみたら相手の女性と会社が組んでいて、ありもしないクレームをでっち上げられて契約違反として大金を要求される、といった内容の事件があったようです。
結局のところ、逆援助なんてものは実際にあったとしても女性のオモチャにされるのが目に見えていて、しかも要求されるスキルは異常なほど幅広く、相手の性癖、容姿ともにあまり期待できないということになります。
何度か繰り返していますが、基本的に風俗において男性はお金を払う側、女性はお金を貰う側、という図式はそう簡単にひっくり返りません。
その前提がひっくり返るような何かを女性が持っているとすれば、容姿か性癖のどちらの期待値が低いのは当然です。
それでもわずかな可能性に賭けたければ止めませんが、筆者的には真面目に働いて風俗に通う方がまだ建設的な気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加